働く場としての「小規模保育園」のメリット|小規模保育園【サンライズキッズ保育園】

スマホメニュー

本部(平日 10:00-17:00)☎050-5804-0320

働く場としての「小規模保育園」のメリット

保育の現場で働きたい人にとって、小規模保育園にはどのような壟断環境上のメリットがあるのでしょうか。

園の経営と職員の給与の安定

国による認可を受けた「認可保育園」である小規模保育園は、運営費の面で公的な補助を受けられるため、より安定した経営の元で資金を人件費に充てやすくなります。また、国の制度による処遇改善加算(生活の水準を良くするために、給与の金額をプラスすること)の対象にもなるため、職員は収入の安定を期待出来るでしょう。

充実した環境での保育

認可保育園である小規模保育園では、法律で決められた一定以上の広さの保育室だけでなく、公的な運営費補助を活用して園の備品や設備をしっかりと整えることが出来ます。そのため、職員が理想とする、また子どもたちからも喜ばれる理想的な環境での保育が可能となります。

人間関係を築きやすさ

少人数の園児を保育する小規模保育園は落ち着いた家庭的な雰囲気が特長です。職員や保護者の数も少ないため、互いの連携が取りやすく、対人関係を構築しやすい職場だと言えるでしょう。

園児一人ひとりとじっくり向き合う保育

小規模保育園では職員の人員配置について、従来の認可保育園の基準人数プラス1名または子ども3名につき職員1名と定められています。そのため職員は各園児をより尊重した、きめ細やかで丁寧な保育を行うことが可能です。

自由度の高い保育

大規模保育園(マンモス保育園)では、スムーズな園の運営のため、多数派の子どもに合わせた平均的で一律な保育を行いがちです。一方、園児が19人以下の小規模保育園であれば、子どもそれぞれの性格や家庭の環境に合わせた柔軟な保育がしやすくなります。

体に無理の少ない労働環境

小規模保育園では0~2歳児までの乳幼児を保育します。この頃の子どもはそれ以上の年齢のお子さんよりも運動量がそれほど多く無く、行動範囲も狭いため、職員の一部負担は少なく済むはずです。

子どもへの新鮮な環境の提供

マンションや民家の一室で運営するケースが多く、必然的に園外での活動が増える小規模保育園。その他にも縦割保育(違った年齢の子どもでグループを作って行う保育)を行うなど、刺激的で子どもの成長に繋がるような保育がしやすいのが小規模保育園です。

子育て経験者に就労のチャンス

園のタイプにもよりますが、小規模保育園の職員は、必ずしも全員が保育士資格を持っている必要はありません。事前に一定の研修は必要ですが、子育ての経験などがあれば保育に携わる仕事を始められる可能性がこれまでより高まりました。

※こちらに掲載の情報は変更に
なることがありますのでご注意下さい。 挿絵

ページトップに戻る