保育課程|小規模保育園【サンライズキッズ保育園】

スマホメニュー
サンライズキッズ保育園メイン画像

保育課程

保育園の社会的役割

年齢別こどもの保育目標

0歳児
・安全で快適な環境の中で一人一人の生活リズムを大切にし、気持ちよく過ごせる。
・特定の保育者との親密で応答的な関わりを通して人との信頼関係が芽生える。
・言葉に関わる様々なサインを丁寧に受け止めもらい自己表現が活発になる。
1歳児
・安心できる保育者との関係の下で、自分でしようとする気持ちが芽生える。
・十分に身体を動かし歩行や探索を楽しむ。
・自我が芽生え自分の要求、気持ちを行動や言葉で表し、自己主張する。
2歳児
・保育者と安定した関わりの中で、自分の身の回りの事を少しずつ自分でしようとする。
・好きな遊びを楽しんだり、友だちとの関わりを広げていく。
・保育者を仲立ちとしてみたて・つもりのイメージを共有しあった遊びを楽しむ。

養護

生命の維持
  • 人への基本的信頼感が育つような関わりを持つ。
  • ひとりひとりの生活リズムを整えるよう配慮する。
  • 保育士との信頼関係がさらに深まり愛着関係を育む。
  • ひとりひとりの心身の状態を常に把握し、快適に生活できるようにする。 
  • 生活や遊びの中で自我が育つような関わりを持つ。
  • 自分でやりたいという気持ちを尊重し、できたときは一緒に喜び共感し意欲と自信がもてるようにする。

教育

健康
  • 清潔になることの心地よさを感じる。
  • 身の回りの簡単な事を自分でしようとする気持ちが芽生える。
  • 生活の環境を整えることで自分でできることを自分でやろうとする。
人間関係
  • 特定の保育者との関わりにより信頼関係が生まれる。
  • 保育者や友だちに関心を持ち、真似をしたり関わろうとする。
  • 保育者が子どもの仲立ちとなりお互いの思いを伝えることで、順番を待つなどの決まりがあることを知る。
環境
  • 安心できる人的および物的環境のもとで感覚の働きを豊かにする。
  • 好きな玩具や遊具に興味をもって十分な探索活動をする。
  • 場の設定・遊具・玩具を整え、みたてたつもりあそびを保育者と友だちと楽しむ。
言葉
  • 語りかけられることにより声を出したり応えようとする。
  • 話しかけややりとりの中で実感と言葉が結びつく経験を楽しむ。
  • 生活や遊びの中で簡単な言葉でのやりとりを楽しむ。
表現
  • いろいろな素材に触れ全身で感触を楽しみ感性を育む。
  • 保育士と一緒に歌ったりて遊びをしたりリズムに合わせて体を動かす。
  • 保育者や友だちと遊ぶ中で自分なりのイメージを膨らませ楽しんで遊ぶ。

食育

食を営む力の基礎
  • 食べることに意欲を持つ。
  • 食材に興味を持つ。
  • 意欲的に食べるようになる。
ページトップに戻る