サンライズキッズの育脳について|小規模保育園【サンライズキッズ保育園】

menu
サンライズキッズの育脳について

サンライズキッズの育脳についてBrain Development of the SunriseKids

サンライズ育脳監修

プロフィール画像 篠原 菊紀 Kikunori Shinohara

東京大学卒業後、同大学院教育研究科博士課程等を経て、公立諏訪東京理科大学 情報応用工学科教授、地域連携研究開発機構 医療介護・健康工学部門長。
健康科学、脳科学が専門。
フジテレビ「とくダネ!脳活ジョニー」、「今夜はナゾトレ」、BSフジ「脳ベルSHOW」、NHK「あさいち」「夏休み子ども科学電話相談」「NHKスペシャル」などで脳に関する実験や解説を行っている。

育脳・篠原教授との対談動画

サンライズキッズ:育脳カリキュラム
~篠原菊紀監修~

頭がいいかどうかは、
「育ち方」「体験」の仕方によって
大きく変わる

「頭の良さ」はワーキングメモリ(作業記憶)と
やる気が大きな要素!

  1. ワーキングメモリ ワーキングメモリ

    ワーキングメモリは「脳のメモ帳」。
    コミュニケーションをとる際の重要なはたらきにもなるものです。
    子どもにとって重要なのはワーキングメモリの力を伸ばすことです。

  2. やる気 やる気

    「やる気」とはそれをするといい感じ、と直感的に感じられることです。
    快感や楽しさを感じるシステムの原型は5歳前にほぼできあがります。
    0~2歳のこの時期に必要なのは、人と一緒にいて楽しいと感じさせることです。

前頭葉は
「知」「情」「意」の総合指令

集中力、がまん力、思考力など、こどもに
つけたい力は前頭葉がコントロールしています。
前頭葉を鍛えるためには、
心を込めておこなうことが重要です。

  • 「知=思考、判断などの知性」

    「知=思考、判断などの知性」ワーキングメモリをしっかり使って脳を鍛えます。思考、創造、意思決定、共感、コミュニケーションなど、子どもにつけたい力の基本です。前頭前野が強くかかわります。

  • 「情=他人や自分の感情を理解する」

    「情=他人や自分の感情を理解する」感情は知性によってコントロールされるべき僕(しもべ)と思われがちですが、感情的判断が優柔不断になるだけです。豊かな感情あってこそ「知」が働きます。大脳辺縁系が強くかかわります。

  • 「意=集中、やる気や意欲がわく」

    「意=集中、やる気や意欲がわく」やる気スイッチの正体は線条体(せんじょうたい)です。線条体は行動と快感をむすびつけ、その行動をするといいことが起きそうだという予感が「やる気」の正体です。望ましい行動をほめましょう。

心身を育ててこそ脳が育つ!
サンライズの3つのカリキュラム

運動すると脳細胞を育てる物質が増えたり、脳が重くなったりすることが示唆されています。からだはお子さんにとっての他者、うまく体を動かす体験は小学校に入ってから気持ちのコントロールにもつながり、注意力や集中力もよくなる利点もあります。とくに遊びは重要で、自由な環境で遊ぶことで運動の効果はより高まります。大切なことは「楽しい!」と感じさせること。
愛情とスキンシップは食べ物の栄養以上に大切です。

英 語

英語

リズム遊びや読み聞かせで楽しみながら英語に触れます。
初めての英語に興味をもち、知的好奇心を刺激しながらワーキングメモリを鍛えます。言葉として伝わっていなくても、心地よいリズムとして伝わる、音楽を聞かせる感覚ですね。基本は英語の音を楽しむ事!

リトミック

ごっこ歩き音にあわせて「動物のまねっこ」をしたり、「とぶ」「はねる」などの全身運動をリズムにあわせて行います。楽しみながら身体を動かし、小脳を鍛えます。

ごっこ歩き

体 操

ボール遊びボール遊びには「共同注意(相手と同じものを見る事)」が必要です。共同注意は生後9月頃からみられる行動といわれています。共同注意を発達させることは、他者との相互理解や信頼感といった人間関係を築くうえでの基盤、コミュニケーションの力を育むことにもつながります。

ボール遊び