絵本の寄付|小規模保育園【サンライズキッズ保育園】

スマホメニュー
─お電話でのお問い合わせ─
開園準備室(平日10:00-17:00)
☎050-5804-0320
050-5804-0320
サンライズキッズ保育園メイン画像

ご家庭で眠っている絵本は
ありませんか?
-絵本の寄付を募ります-

サンライズキッズ保育園での絵本の読み聞かせサンライズキッズ保育園では、視覚的興味が旺盛な乳幼児期の子ども達に色々な絵本を提供していきたいと考えています。

本は少しずつ増やしていく予定ですが、一度にはたくさんの本を準備できません。ご家庭で眠っている絵本がありましたら、ぜひお譲りください。日本語の絵本だけではなく外国語の本も大歓迎です。大切に使わせていただきます。

  • 言語は問いません。
  • 当園の蔵書として受け入れるか否かの判断は、当園にお任せください。
  • 郵送で寄付いただく場合の送料は、寄贈者の方のご負担でお願いいたします。
  • 直接当園にお持ちくださってもかまいません。受付いたします。
  • 冊数が多い場合は、事前にご連絡・ご相談ください。

本が大好きな子に!

サンライズキッズ保育園での絵本の読み聞かせ

乳児期、幼児期など小さな時期から読み聞かせをすることは、豊かな心の発育にとても良い影響を与えます。考える力、想像する力、表現する力、集中力、他人への共感力などすべての資質の元になるのです。子どもたちに「本が大好き!」になってもらいたい、そう願っています。

  • 新しいアイデアや発想の元遊びの中で自分のお気に入りの本を見つけたり、時間の合間には保育士の読み聞かせをし本に触れる機会を多く取り入れています。たくさんの絵本に触れイメージすることを楽しみながら、今までに想像したことのないアイディアが遊びや生活の中にも生まれ、表情や感情も豊かになれます。
  • コミュニケーションの時間絵本を通じて保育士と子どもたちのコミュニケーションの一つとなる時間を大切にしています。 読み聞かせをすることで、同じ世界観を共有できる時間にもなり、楽しそうに読む保育士の姿を見て本や文字に興味が持てるようにまりす。
  • 異文化に触れる経験時には英語の本も。異文化に触れる経験を通して国際理解の意識の芽生えが養われるように、また色使いや描写が日本と異なる絵本に触れさせることで感性も磨かれます。
ページトップに戻る