ごあいさつ|小規模認可保育園【サンライズキッズ保育園 相模原園】

さがみはらえん
相模原園
相模原市南区上鶴間6-31-8 グランシャリオ1F
小田急江ノ島線 東林間駅より徒歩1分
050-5807-2160 050-5807-2160
採用応募
お問い合わせ

ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

サンライズキッズ相模原園では、保護者様の大切なお子様をお預かりするにあたり、下記のような信念において運営しております。
臨界期という、子供たちの成長に最も重要な時期を、サンライズ保育園で過ごすことにより、子どもたちの持つ個々の素晴らしい能力を引き出し、心身ともに健やかで素晴らしい大人に成長できるように、私たちは努力を惜しみません。

■子供たちの成長に重要な臨界期

臨界期とは、子どもが成長する過程においてのある一定の期間を言います。
主に0歳から3歳前後の期間がこれに当たり、臨界期には脳内の神経回路が著しく発達する傾向にあります。
臨界期に脳に適切な刺激を与える保育を行うことで、神経回路を発達させ、自分で考えたり行動することができる賢い子供を育むことができます。
サンライズキッズ保育園で子供たちが過ごす時間はまさにこの臨界期に当たります。
日々子どもたちの可能性や能力を引き出すべく私どもが行っている保育についてご紹介させていただきます。

英語教育について

英語は現代では世界の共通言語といっても過言ではないほどにポピュラーなものになりました。
言語というものは、意識して学ぶことも大切ですが、日々の環境に当たり前のように存在し、言語を活用することで身につくものといわれています。
サンライズキッズ保育園では0歳児から英語教育を保育のカリキュラムに導入しております。といっても、子どもたちが楽しく触れることができなければ学びに繋げることは難しいものですから、英語の歌を使った簡単な手遊びやお遊戯など子どもたちが無理なく興味を持って英語を楽しめるように工夫しています。

リトミックについて

リトミックとは楽しく音楽と触れ合いながら体を動かす運動です。
音楽に合わせて体を動かすことにより、リズム感や音程などの基本的な音楽能力を伸ばし、運動神経の向上にもつなげます。
サンライズキッズ保育園のリトミックでは一般的なリトミックに加えて、上記のような英語の歌を使用したリトミックも行っています。
子どもたちが思わず体を動かして口ずさんでしまうような楽しい時間と、それによる心と体の能力向上をリトミックは促進します。

体を動かす体操について

サンライズキッズ保育園相模原園は都会の街中にある保育園です。
園庭はありませんが、室内で体を動かす体操や、野外近隣の公園へのお出かけなど、子どもたちが伸び伸びと体を動かすことができる環境を整えています。
体を動かすことは体力づくりだけでなく、免疫力の向上にもつながり、病気に負けない元気な子どもを育みます。

年間2000冊以上の絵本の読み聞かせ

サンライズキッズ保育園では独自の試みとして、1日10冊以上、年間2000冊以上の絵本の読み聞かせを行っています。
絵本の読み聞かせは子どもたちの想像力を働かせ、記憶力やコミュニケーション能力の向上や言語能力の向上につながります。
お友達と一緒に一定の時間座ってお話を聞く忍耐力や、お話の内容についてあれこれ考えてみる能力など、絵本を読んでもらうということにはたくさんのメリットがあります。
また、保育士に読んでもらった絵本の内容を自分でも理解しようと識字の理解にもつながります。
ご自宅で絵本の読み聞かせを行っている保護者様も、時間がなかなか取れずに難しいという保護者様もいらっしゃることでしょう。
サンライズキッズ保育園では1日に最低10冊の絵本を子どもたちに読み聞かせています。
サンライズキッズ保育園で読んだ絵本を参考に、ご自宅での絵本選びや、お子様との会話の一つとしてご活用いただければ嬉しく思います。

サンライズキッズ保育園では上記のような取り組みをもって、子どもたちが生き生きと楽しく生活できる場所を目指しています。
賢く、他者を思いやることができる素敵な大人を育てる場所として、子どもたちと一緒に成長していければと考えております。

サンライズキッズ保育園
代表取締役・保育士
保育士登録番号:神奈川県-094494
佐伯 猛

ごあいさつ