豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック|小規模認可保育園【サンライズキッズ保育園 名護園】【公式】

なごえん
名護園
沖縄県名護市大中2-7-15
050-5807-2385 050-5807-2385(平日10:00-17:00)
採用応募
お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 名護園のカリキュラム

豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック

近年、子どもの初めての習い事としても人気が高いリトミック。
音楽的な感性だけでなく、子どもたちの様々な潜在能力を引き出す効果があると言われていて、サンライズキッズ保育園でも全園でカリキュラムに組み込んでいます。

目次

リトミックとは

リトミックとは、体を動かしながら音楽を学ぶ教育法です。元々は音楽の専門家を養成するために用いられていたようですが、最近では音楽に限らず、生きていくために必要な様々な能力が身に付くことから、習い事として乳幼児期の子どもを対象にしたものが多く見られるようになってきました。

リトミックを行うことで子どもに与えるメリットとは

▼潜在的な能力を育む

リトミックは、子どもたちの「考える力」「行動する力」「刺激に反応する力」といった、生きていく上で重要な潜在能力を引き出してくれます。
また、音楽に対して即座に反応する「即時反応力」を刺激するのもリトミックの特徴。そこから、集中力や反射性、運動能力などの向上が期待できます。

▼音楽の基礎能力や感性を高める

リトミックによって音楽の基礎力が育まれます。ピアノやエレクトーンなどの楽器演奏がまだできないくらい幼い子も、音を体で感じる力が身に付くのです。
また、乳幼児期から音楽的な体験をたくさんすると、音を楽しむ感性やリズム感、音を聴き分ける力などが発達するので、その先の成長にも役立つでしょう。

▼集中力がつく

聴覚や視覚、味覚、触覚、嗅覚にまつわる外的集中力と、頭の中で物事を順序立てて考える内的集中力、その両方が育ちます。
子どもたちの今後の人生で、集中力が必要となる場面は数えきれないくらいあるでしょう。幼いうちからリトミックを通して集中力を鍛えることは、その子の人生をより豊かなものにしてくれます。

▼コミュニケーション能力アップ

基本的に、リトミックは友だちや大人と一緒に楽しむもの。周りの人たちと集団で行動することで社会性や協調性が身に付くでしょう。
そこからコミュニケーション能力も向上。また、友だちが自分とは違った表現をしているのを見て、他者を受け入れる柔軟性や適応力も養われます。

乳幼児のうちからリトミックを始めるわけ

リトミックの効果はすぐに目に見えるわけではありません。幼いころから続けていくことで、徐々に社会生活にも生かせるようになってくるのです。
リトミック教育は音楽の基礎知識だけでなく、語彙力、集中力、数の概念形成など子どもの様々な能力を伸ばすと言われています。乳幼児期という早い段階に音楽にたくさん触れることで、他にもいろいろな潜在能力が引き出されるでしょう。
しかし、効果を実感するまでは長い目で見守っていかなくてはいけません。何よりも子どもがリトミックに興味を持ち、その中に楽しみを見つけることが、成長発達にとっては大切なのです。

リトミックの内容について

▼音楽に合わせて体を動かす

2歳ぐらいまでは、大人と一緒に音楽に合わせて手遊びや体を動かしたり、ボールを渡し合ったりする活動が主です。
3~4歳頃には少人数グループで音楽に合わせて歩いたり踊ったりすることが増えてくるため、コミュニケーション力も高まるでしょう。
5歳ごろからは、手足を同時に動かすフォークダンスや音楽でイメージしたものを物語にする活動もできるようになり、より表現力を磨いていく機会が増えていきます。

▼数の概念の形成

音楽に欠かせないリズムや拍数には、数字の理解が必要となります。数を手で打ったりステップをしたりなど、音楽を通して数にたくさん触れることで、楽しく数学的頭脳を作っていくことができるのです。
数学的頭脳が刺激されると、小学校に上がってから算数の授業にも生かされるでしょう。

▼楽器を使ったリトミック

リトミックでは楽器に触れることも少なくありません。カスタネット、鈴、タンバリンといったいろんな打楽器を使って、それぞれの音の出し方や音色の違いを楽しみます。
まだ楽器が持てない赤ちゃんも、新聞紙や紙コップなど身近なものを楽器代わりに使うことが可能です。

地域の子育て情報

子育て相談や子育て情報は、支援センターや児童センターなどでサポートしてもらえます。
各施設では子育てに関するイベントが行われることもあって、おうち時間を楽しむ方法やお母さんの子育て疲れをいやす企画もあるので、行くだけで心が落ち着くでしょう。
さらに以下の施設ではリトミックに関するイベントも開催されてます。

▼沖縄市福祉文化プラザ児童センター

https://www.city.okinawa.okinawa.jp/k028/kosodate/jidoukan/453/index.html

  • ・開館日:月曜日から土曜日
  • ・開館時間:午前10時から午後6時(12時から1時は、お昼時間となっています。)
  • ・休館:日曜日と祝祭日、年末年始、慰霊の日

※センターのイベントでリトミック体験会を実施しています。詳しくは上記のホームページをご覧ください。

ご家庭でできるリトミック

沖縄には独自のわらべ歌や手遊びがあり、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、古くから親しまれています。

▼沖縄わらべ歌で手遊び~赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)~

「赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)」は、沖縄で親しまれているわらべ歌です。歌いながら、体を動かせるので、保育園でも子どもたちが楽しく歌っています。

▼琉球音階の「かえるのうた」

琉球音階とは、西洋音階から「ドレミファソラシド」からレとラを抜いた「ドミファソシド」のことです。
この音階を使って沖縄風にカエルの歌をアレンジ。「沖縄風カエルの歌」に合わせてジャンプしたりして、カエルのような動きをしてみましょう。
「♪ドミフォソフォミド ミファソシソファミ ドドドド ドドミミファファソソファミド♪」

サンライズキッズ保育園は全国にあるので、情報交換をしながらいつでも新しいやり方で子どもたちを保育することができます。名護園では、沖縄ならではの歌や文化を全国の子どもたちにも知ってもらえるよう発信。それと同時に他の地域の歌を取り入れ、普段とは違った歌も楽しんでいます。
そんなサンライズキッズ保育園名護園への入園や見学のご希望は、お気軽にご連絡ください。