本の寄付|小規模認可保育園【サンライズキッズ 名古屋港園】

なごやみなとえん
名古屋港園
愛知県名古屋市港区浜2-2-2
名古屋市営地下鉄名港線 名古屋港駅より徒歩3分
050-5807-2204 050-5807-2204
採用応募
お問い合わせ

本の寄付

絵本の寄付をお願いしております

本の寄付

名古屋市港区の『サンライズキッズ名古屋港園』では、好奇心旺盛な乳幼児期お子様にさまざまな種類の絵本を読み聞かせたいと考えております。しかし、開園前の登園では、まだ絵本の冊数がそろっていない状況です。少しずつ増やしていく予定ですが、ご家庭で眠っている絵本がありましたらお譲りいただけますと幸いです。

日本語の絵本に限らず、外国語の絵本も大歓迎。皆様からお譲りいただいた絵本は、大切に使わせていただきます。

  • ●言語は問いません。
  • ●当園の蔵書として受け入れるか否かの判断は、当園にお任せください。
  • ●郵送で寄付いただく場合の送料は、寄贈者の方のご負担でお願いいたします。
  • ●直接当園にお持ちくださってもかまいません。受付いたします。
  • ●冊数が多い場合は、事前にご連絡・ご相談ください。
本の寄付

子供たちの成長に、絵本は不可欠です

本が大好きな子

小さな頃からさまざまな絵本に触れることは、子供たちの成長に大きな影響を与えます。
絵本が育むのは想像力だけではありません。考える力や表現力、集中力、共感力など、さまざまな資質の元となります。
心豊かに成長するのに、絵本は不可欠です。サンライズキッズ 名古屋港園では、絵本を読み聞かせることで人の気持ちに寄り添える心の豊かなお子様へと成長していくことを願っています。

●たくさんの絵本に触れ合える機会を増やし、心豊かに

サンライズキッズ 名古屋港園では、保育士が時間の合間を使って読み聞かせを行なうことで、たくさんの絵本に触れる機会を取り入れています。さまざまな絵本に触れイメージすることで、日常の生活や遊びの中でアイディアが生まれるようになり、表情や感情が豊かな子供に。

●絵本を通じて同じ世界観を共有しコミュニケーション育む

絵本の読み聞かせは、皆で同じ世界観を共有することになります。その結果、保育士と子どもたちのコミュニケーションをとる時間となるのです。絵本を楽しそうに読む保育士の姿を見ていくうちに、子供たちは本や文字に興味を持つように。

●日本の絵本だけではなく、外国語の絵本から学ぶこと

サンライズキッズ 名古屋港園では、日本の絵本を読み聞かせるだけではありません。外国語の絵本を読み聞かせることで、子供たちは異文化に触れることになり、国際理解が芽生えるきっかけになります。また、海外の絵本は日本の絵本とは異なる色使いで描かれ、感性が磨かれることに。

本が大好きな子