グローバルな未来を育てる英語教育|小規模認可保育園 加西市北条町【サンライズキッズ保育園 加西園】【公式】

かさいえん
加西園
兵庫県加西市北条町横尾字城ノ内1108番、1105-1
050-5807-2403 050-5807-2403(平日10:00-17:00)
採用応募
お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 加西園のカリキュラム

グローバルな未来を育てる英語教育

近年「早期英語教育」という言葉も聞かれるようになり、習い事の中でも人気のある英語。乳幼児期から様々な英語に触れ英語学習を始めることで、様々な効果が見られ、子どもにより良い影響を与えることができます。

目次

英語学習を行うことで得られる効果

英語学習を行うことでどのような効果が見られるのでしょうか。大きく分けて4つご紹介致します。

1.「英語耳」が形成される

「英語耳」が形成されることで、聞いた英語の発音をそのまま模倣して英語を話すことができるようになります。
大人になって1から本格的に英語を身につけようと思っても、それは簡単なことではありません。ですが非常に耳が良く、たくさんの言葉を吸収することができる乳幼児期から英語学習を始めることで、「英語耳」が形成され、スムーズに本格的な英語を身に付けることができます。

2.英語を身近なものとして捉えることできる

常に日本語を聞いて育つことで自然と日本語を覚えるように、乳幼児期からたくさんの英語に触れることで日本語を覚えるのと同じように、身近に英語を覚えることができるようになります。
また、乳幼児期に行う英語学習では、食べ物や乗り物など子どもが親しみやすいイラストなどを用いることが多いため、子どもたちは「楽しいもの」として英語を捉えることができるようになります。するとその後も、意欲的に英語学習に取り組むことができるでしょう。

3.コミュニケーション能力が高まる

グローバル社会である現代では、今後ますます外国の方と関わる機会が増えてくるでしょう。しかし、その一方ではコミュニケーション不足が問題となっています。
乳幼児期に英語を身に付けることで、英語を使いながらコミュニケーションをとる楽しさを感じると同時に、将来自信を持って外国の方とコミュニケーションをとることができるようになります。また、乳幼児期に行う英語学習は「伝える」「聞く」というやりとりが中心となるため、英語力をつけるだけでなく、コミュニケーション力を身に付けることができるのです。

4.将来の選択肢が増える

上記でも述べたように、現代の社会ではグローバル化が進んでいます。多くの企業や会社が海外に進出しているのはご存じの通り。将来、日本を出て海外で働きたいと考えた際に英語力が非常に重要になってくるでしょう。
乳幼児期に英語を身に付けることで、どのような場所で自分が活躍するのか、自分の力を発揮する場所を選ぶ選択肢が増え、将来の幅が広がります。

0・1・2歳児から英語学習を行う意義

0・1・2歳児から英語学習を始めることで、より高い効果を得ることができます。得にどのような効果が得られるのか、大きく2つご紹介致します。

1.英語を楽しいものとして捉え、英語への学習意欲が高まる

前述したように、乳幼児期から英語に触れることで英語を身近に感じることができます。身近で楽しいものとして捉えることができるようになると、英語に対して「勉強」という感覚を持たず、「もっと英語を知りたい」というように、英語学習に対して意欲的になります。

2.より多くの英語を学ぶことができる

長いあいだ継続的に学習することで、高い英語力を身に付けることができます。
より幼いうちから英語学習に取り組むことで、それだけ英語に触れる機会が得られます。乳幼児期から始めることで、時間をかけて英語のスキルを磨くことができるのです。

近隣において

兵庫県や加西市付近で過去に行われた英語に関するイベントや、今後行われる予定のイベントの情報、子育てサークルが行なっている活動などについてご紹介致します。

子育てサロン「ソライロ」(兵庫県姫路市 ピオレ姫路)

内容:英語を使ったリズム遊び、読み聞かせなど、子ども向けの英語遊び

南大津公民館(兵庫県南大津市)

内容:親子英語教室

まちの子育てひろば(兵庫県 西宮市のひろば)

内容:英会話

他にもどのようなイベントや活動が行われているのか、兵庫県や加西市のホームページをご覧になってみると良いでしょう。

家庭で行うことができる英語学習

英語学習に興味はあるけれど、英語教室に通うのは難しいという方もいらっしゃるでしょう。ここからは、ご家庭でもできる英語学習をご紹介致します。

1.日常生活の中に簡単な英語を取り入れてみる

例えば、朝「おはよう」とあいさつしていたところを「Good Morning」、夜寝る前の「おやすみ」を「Good Night」と、英語に言い変えてみるのはいかがでしょうか。日常生活の中に簡単な英語を少しでも取り入れるだけで、子どもは英語を身近に感じることができるようになります。
挨拶以外にも、例えばその日の食事の中に出てきた食材の名前を英語で言ってみたりすると、英語を身近に感じることができるでしょう。

2.英語を使った遊びを楽しむ

普段の遊び中に英語を取り入れてみるのも良いでしょう。
例えば、動物のイラストが書いてあるカード。子どもが気になった動物の名前を英語で伝えることで、楽しく動物の名前を英語で覚えることができます。繰り返し遊ぶうちに、スムーズに動物の名前を英語で言うことができるようになるでしょう。だんだん慣れてきたら、保護者の方が英語で言った動物のカードを子どもが選ぶ、というクイズ形式にしてみるのも楽しいかもしれません。
動物の名前をひと通り覚えたら、次は食べ物のカードや乗り物のカードというように、子どもが興味を持っているものをテーマにするのもおすすめです。より多くの英単語を覚えることに繋がります。

英語学習は、英語に楽しく触れることが重要です。
このように、簡単な英語を普段の生活や遊びの中に取り入れることで、親子で楽しく英語に触れることができます。ぜひ、取り入れられそうなものからご家庭でも挑戦してみてはいかがでしょうか。
英語が身につくだけでなく、親子のコミュニケーショや、一緒に過ごす時間をより楽しむことに繋がるでしょう。

サンライズキッズ保育園加西園では、英語のカリキュラムにも力を入れています。
子どもたちは年齢に応じて、英語のリズムに合わせて体を動かしてみたり、カードを使って英語に触れてみたりなど、楽しく意欲的に学習しています。
ぜひ、園でどのような英語を覚えたのかお子さんに聞いてみてください。園で覚えた英語をご家庭で振り返りながら、親子で一緒に英語を楽しむのも良いかもしれませんね。
カリキュラムの内容は、サンライズキッズ保育園加西園のホームページ内でご覧いただけます。