豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック|小規模認可保育園 文京区白山【サンライズキッズ保育園 白山園】【公式】

はくさんえん
白山園
東京都文京区白山1-7-11
都営三田線 白山駅 徒歩5分

050-5807-2203 050-5807-2203
(平日10:00-17:00 )

採用応募・お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 白山園のカリキュラム

豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック

赤ちゃんが最初に始める習い事として有名なリトミック。リトミック活動では、音楽の感性が磨かれると同時に、運動機能や表現力の向上を図ることができる、とされています。
具体的に赤ちゃんの成長・発達にどのように良い影響を与えてくれるのでしょうか。
ここではリトミックの効果をより多くの方に知ってもらえるようにご紹介していきます。サンライズキッズ白山園での取り組みもご紹介しますので、ぜひご一読ください。

目次

赤ちゃんの成長・発達に様々な良い影響を与えてくれるリトミック、その効果とは

以下に大きく分類して5つのメリットをご紹介します。

1.楽しみながら音楽活動に参加することができる

生まれて間もないころから周りに音楽がある環境で育つことで、音楽がとても身近なものとなっていきます。音楽が身近なものになれば、音楽に対する苦手意識は感じにくくなるでしょう。そうすれば、楽しさや嬉しさを感じながら意欲的に音楽活動に参加することができます。
意欲を持って音楽活動に参加することで、音楽に関する技術が向上することはもちろん、音楽に対する感性もより良いものとなっていくでしょう。

2.全身の基礎的な身体能力を高めることができる

たくさんの音楽を聞きながら体全体を使って動き、自分を表現するリトミック。音やリズムの違いを感じながら、いろいろな音楽に合わせて全身を動かすことで、基礎的な身体能力を高めることができます。
さらに、手遊びを行ったり楽器の演奏に挑戦したりすれば、手先や指先の機能を高めることにも繋がるでしょう。

3.豊かな感性を養うことができる

リトミックではいろいろな音楽を扱うので、様々な音やリズムに触れられます。そうすることで音やリズムの違いに気付き、それぞれの心地よい雰囲気や快適な音色・リズムを感じることができます。このように、音楽的感性が豊かなものになるのです。
また、五感に加えてもう一つ大切な感覚である「筋肉を動かす感覚」について、リトミックを通して養うことができます。

4.協調性、社会性を身に付けることができる

リトミックの取り組みでは、同年齢の子どもたちと同じ音楽を聴きながら楽しく体を動かします。音楽を聴いて、自分が感じたように表現するだけでなく、友達の動きを見ることで、新しい発見があるかもしれません。
このような経験を積むことで、自分にはない友達の良さを感じたり、協働して物事に取り組む喜びや楽しさを感じたりすることができます。
また、相手の感じていることが自分と違うことや、それぞれのイメージに違いがあることも理解していくでしょう。
このようにリトミックは協調性や社会性を身に付けるのにも大変役立ちます。

5.表現する楽しさを知ることができる

いろいろな動きを自由に取り入れながら体全体を動かしたり、周りの動きを真似しながら今までやったことのない動きに挑戦したりすることで、全身を使って表現する楽しさや、音楽に合わせて表現する楽しさを感じ取ることができます。
リトミックに取り組む中で、少しずつ自分なりの表現ができるようになります。大勢の友達の中で自分を表現することは、これから社会生活をするうえでとても貴重な経験となるはずです。

0〜2歳児からリトミックを始めることで得られる効果とは

リトミックは、0〜2歳という幼い時期から取り組むことで、より高い効果が得られることが分かっています。ここでは2つご紹介していきます。

1.楽器に触れ音の違いに気付くことができる

リトミックでは簡単な楽器の演奏を取り入れることもあります。楽器にはいろいろな種類があり、音が違うことはもちろんですが、鳴らし方もそれぞれ違っていますよね。そのため、いろいろな楽器に触れることで、楽器ぞれぞれの特徴や心地よいリズムに気付き、それがさらに興味や関心を高めることに繋がるかもしれません。

2.「外的集中力」と「内的集中力」を培うことができる

リトミックでは集中力を培うこともできます。「外的集中力」と「内的集中力」という言葉を聞いたことはありますか?
「外的集中力」とは五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)の集中力のことを指し、「内的集中力」とは物事のイメージや順序を考える時の集中力を指します。
これらの集中力は、音楽を集中して聴くことや、感じたイメージを自分なりに考えて表現することで向上するとされています。

発達に応じたリトミック

乳幼児は日に日に成長していきますね。サンライズキッズ白山園ではそれぞれの発達段階に応じたリトミックの取り組み方を行っています。

●0歳児:心地よい音楽に触れながらスキンシップ

運動機能がまだ完全に発達していない0歳児は、子どもの動きを見守りつつ、大人とスキンシップをとりながら音楽に合わせてゆったりと体を動かしていきましょう。
赤ちゃんは安心感や心地よさに包まれ、さらに心の結びつきが強くなるでしょう。
また、音楽に合わせてやさしく体を動かせば、リズム感も身に付けることができます。

●1歳児:好きな動きを自由に表現

少しずつ運動機能が発達してくる1歳児では、体を動かすことに楽しさを感じられるようになっていきます。その感じた楽しさを持続しながら取り組めるように、同じ動きばかりせず、子ども自身が楽しいと感じる動きを自由に取り入れながら、ルールにとらわれず、伸び伸びと音楽に合わせて体を動かすことが大切です。

●2歳児:少し難しい動きに挑戦

2歳児になると、どんどん動きが活発になり、身体能力がぐんとアップしていきます。この時期にジャンプなど少し難しい動きを取り入れることで、より高い身体能力を身に付けることができます。

東京都や白山近辺でのイベントや活動

東京都や白山近辺で取り組まれているイベントや活動をご紹介していきます。

  • ・どれみフレンズ(白山こども文化センター)
    内容:リズム遊び
  • ・ぴよぴよリトミック(白山こども文化センター)
    内容:親子でスキンシップ

白山地域では子ども文化センターでリトミックの取り組みが行われています。親子で足を運んでみてはいかがでしょうか。

お家で楽しく音楽に取り組む方法

お家でも親子で音楽に触れる機会を作ることで、より音楽の楽しさを感じることができるでしょう。お家でできる取り組みをご紹介していきます。

1.親子でゆったりふれあい遊び

ふれあい遊びの時間は、親子の大切なコミュニケーションタイム。リズムに合わせて体を動かす楽しさを感じる第1歩となるので、ぜひお家でもやってみてください。

おすすめのふれあい遊び
  • ・らららぞうきん
  • ・きゅうりができた
  • ・お船がぎっちらこ
  • ・一本橋こちょこちょ
  • ・くまさんくまさん

2.手先を動かしながら行う手遊び

リズムに合わせて手先を動かすことで、手先の機能を高めながらリズム感を養うことができます。親子で一緒に取り組めば、より楽しく感じられるでしょう。

おすすめの手遊び
  • ・グーチョキパーでなにつくろう
  • ・キャベツの中から
  • ・いとまき
  • ・おべんとうばこの歌
  • ・たまごをぽん
  • ・おはなしおはなし

リトミックについて理解を深めることができたでしょうか。少しでもリトミックの良さが伝われば嬉しいです。
サンライズキッズ白山園では、いろいろな音楽に合わせて動物の鳴き声を真似したり日常にある音を探したりしながら、リトミック活動に取り組んでいます。
白山園での取り組みは、ホームページからご覧になれますので、お家でも園の取り組みを参考にしてみてくださいね。