グローバルな未来を育てる 英語教育|小規模認可保育園 文京区白山【サンライズキッズ保育園 白山園】【公式】

はくさんえん
白山園
東京都文京区白山1-7-11
都営三田線 白山駅 徒歩5分

050-5807-2203 050-5807-2203
(平日10:00-17:00 )

採用応募・お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 白山園のカリキュラム

グローバルな未来を育てる 英語教育

グローバル化が進む現代では、習い事でも英語の人気は高く、大変注目されています。
中でも、0〜2歳児という乳幼児期に行う英語学習は、将来にわたって非常に良い影響を与えてくれることが分かっています。
下記では、乳幼児期に適した英語学習を行うことで将来にわたってどのような効果があるのか、乳幼児期に行われる英語教育とはどのようなものかをご紹介していきましょう。

目次

乳幼児期から適した英語教育を受けることでみられる良い影響とは

以下に5つに分類してご紹介していきます。

1.様々な場面で人とコミュニケーションを図ることができる

外国の方と関わる機会も増え、グローバル化が進む現代。英語を身に付けておけば、様々な場面でコミュニケーションを図ることができるでしょう。
例えば、外国に旅行に出かけた時や、外国の企業に就職して仕事で英語に関わる時、また日本に来た外国の方と関わる時など、たくさんの場面が考えられます。
こんな時に英語力を備えておけば、容易にコミュニケーションを取ることができ、双方の理解が広がるでしょう。

2.自己表現力を高めることができる

英語が操れるようになれば、母国語である日本語だけでなく、会話ができる言語が増えますね。
言葉で自分を表現するケースが多い現代社会では、このように話せる言語が増えることで、自己を表現する手段や場所を増やすことができます。
表現する手段を場面に応じて使い分けることで、自己を表現する力はどんどん高まっていくでしょう。

3.英語学習に自発的に取り組めるようになる

母国語である日本語を自然と覚えることができるように、幼い時期に適した英語学習を始め、たくさんの英語を耳にすることで、自然と英語を覚えることができます。
このように、物心ついた時から周りに英語があふれている生活を送っていれば、英語に対する苦手意識や壁を感じずに育っていくでしょう。学校で英語を習うようになっても、自発的に英語学習に取り組めるかもしれません。

4.英語に対してプラスなイメージを持つことができる

英語は、2020年より小学3・4年生から「外国語活動」として必修化され、5・6年生からは「外国語」と教科になっています。
保護者の中には英語が得意な方もいれば、そうではない方もいるでしょう。他の科目と同様にそれぞれ得意不得意があって当たり前です。
ですが、乳幼児期から英語学習に取り組んでおけば、英語に対して得意・不得意という感情を抱く以前に、英語は楽しい、というプラスのイメージを持たせることができます。
英語にプラスのイメージがあると、意欲的に英語を学ぶ姿勢に繋がりますので、さらに英語力が高まっていくことでしょう。

5.グローバルな社会で自分の持っている力を十分に発揮することができる

上記でも述べていますが、現代はグローバル化が進んでおり、世界の垣根がどんどん低くなっています。そんなグローバル社会の中で、英語力は最大の武器。英語を話すことができれば、グローバルな社会で活躍する上で、圧倒的に有利となります。
他人とコミュニケーションを取る手段が増え、日本人に限らず外国の方との相互理解を深められるでしょう。

0〜2歳児の乳幼児期から英語学習を行うことで期待できる効果とは

少し早いかな、と思う保護者もいるかもしれません。しかし0〜2歳という乳幼児期から英語を学ぶことで期待できる効果はとても大きいです。以下に2つに分類してご紹介していきます。

1.本格的な英語を身に付けるために必要な「英語耳」が備わる

本格的な英語の発音を身に付けるのに最適なのは乳幼児期だと言われています。なぜなら乳幼児期はとても耳が良く、聞く力が柔軟で優れており、様々な言葉を覚えられるからです。
そのため、乳幼児期ならすぐに英語に耳が慣れ、「英語耳」が備わります。この「英語耳」が備わることで、本格的なネイティブな発音で英語が話せるようになるのです。

2.たくさんの英語に触れることができる

英語学習を早い時期から始めることは、それだけ多くの英語に触れられる、ということです。少期から継続的に取り組むことで、身に付けた英語の技術はどんどん高まります。
英語は学習重ねれば重ねるほど、そのスキルはアップすることが分かっています。ですから英語力を身に付けるためには幼い時期からコツコツと継続的に取り組むのが重要であり、最も有効的な取り組み方法なのです。

東京都や白山近辺で取り組まれているイベントや活動

東京都や白山近辺で取り組まれているイベントや活動についてご紹介していきます。

  • ・ハローエンジェルス(子育てサロン)
    内容:英語を使ったふれあい遊び
    対象:乳幼児親子
  • ・にこにこキッズ(子育てサークル)
    内容:親子で英語遊び
    対象:乳幼児親子

子育てサークルや子育てサロンでは親子で参加することができるイベントや活動が行われています。ぜひお時間がある時に足を運んでみてはいかがでしょうか。

家庭で身近に英語を取り入れることができる方法

ご家庭でも英語に触れる環境を作ってみませんか?こちらでご紹介します。

1.英語を使ったリズム遊び

英語を使ったリズム遊びは、楽しみながら英語を覚えることができると同時に、英語ならではのリズム感を養うことができます。

おすすめの英語を取り入れたリズム遊びの曲
  • ・体の部位の名称が出てくる Head ,Shoulders ,Knees, and Toes (あたま、かた、ひざ、つま先)
  • ・外国の幼稚園などで人気のある Five little monkeys (5匹の子ザル)
  • ・幅広い年齢で楽しめる指を使うリズム遊び Finger family song
  • ・アレンジを加えてバリエーションを楽しめる Open shut them (むすんでひらいて)
  • ・聞き馴染みのある if you are happy and you know it (しあわせならてをたたこう)

2.よく使う言葉を英語に変換

普段生活している中でよく使う言葉を英語に変換してみるのもおすすめです。

  • ・「おはよう」→good morning
  • ・「おやすみ」→good night
  • ・「こんにちは」→hello
  • ・「おいしい」→delicious
  • ・「お腹すいた」→hungry
  • ・「眠い」→sleepy
  • ・「ありがとう」→thank you
  • ・「ごめんなさい」→sorry

上記のように、日常的によく使う言葉を英語に変えてみると、日常生活と英語を結び付けて覚えることができますし、どんな場面でどんな英語を使うのがふさわしいか、自然に覚えることができますね。

英語学習に関して乳幼児期に大切なことは、英語に親しみや楽しさを感じられるように工夫しながら月齢に合った方法で行う、ということです。決して英語をお勉強にしてはいけません。
サンライズキッズ白山園では、0歳児からリズム遊びや歌を取り入れながら英語に触れる環境を作り、積極的に英語活動に取り組んでいます。
1〜2歳児では、英語を使ったリズム遊びを通して、体を動かしながら英語を覚えられるよう工夫して取り組んでいます。
このように一つひとつステップを踏みながら、楽しく英語を身に付けて成長していく子どもの姿は、見ていてとても頼もしいですね。