ごあいさつ|小規模認可保育園【サンライズキッズ保育園 境港園】

さかいみなとえん
境港園
鳥取県境港市中野町5561
JR境線 馬場崎町駅より徒歩8分

050-5807-2240 050-5807-2240
(平日10:00-17:00 )

採用応募
お問い合せ

ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

■サンライズキッズ保育園の想い

サンライズキッズグループは、2012年に完全英語教育を目指した「サンライズキッズインターナショナルスクール」を開校した後、待機児童問題を解消すべく2017年に東京都北区、神奈川県相模原市に小規模保育園を開園、現在は日本全国に31園の「サンライズキッズ保育園」を運営しております。
そしてここサンライズキッズ保育園 境港園は、2018年4月に鳥取県境港市の地域型保育事業の認可をいただき、小規模認可保育園として地域の保育ニーズに対応してまいりました。

当園は、0歳から2歳までの子どもをお預かりし、温かく家庭的な雰囲気で、安定した保育環境を保つこと、子どもたちそれぞれが、かけがえのない大切な一人の人間として自己を存分に発揮することができ、子どもたちの気持ちを受け止め、個性を尊重することを大切にしています。
数々の経験を通して、日々の関わりを丁寧に行う中で、子ども一人ひとりの心の動きを細やかに感じ取り、子どもたちの自己肯定感を高めること、乳幼児期に一番重要な『心』を大切にする人間育成に努めております。
また、毎日の園生活を通して「実際に体験すること」をコンセプトとし、食育や育脳、絵本の読み聞かせといった多くの体験を通して子どもたちの創造力や想像性を養っています。
子どもたちの年齢に応じて出てくる知的好奇心に対して、園独自の学びのプログラムを展開し、子どもの遊びや生活の中での発見や発想を受け止め、試行錯誤したり友だちと協力したりといった様々な経験ができるように援助し、遊びや生活を通して学んでいけるように工夫しております。
そして、当園を卒園する際には【どんなことでも前向きに何事にも取り組んでいけるお子さま】に成長できるよう、「生きる力」の基礎を育てることを目標としています。
これからも小規模保育園の特性を生かし、地域に根付いた保育福祉の向上に努め、保護者のみなさまと密に連携をとりながらお子様の成長を共に喜び、悩みを共有しながら信頼される保育園づくりに取り組んで参ります。

■サンライズキッズ保育園が力を入れていること

サンライズキッズ保育園では、お預かりするお子さまの年齢が0歳~2歳と、脳の基礎作りに最も重要な時期であることから、脳科学の第一人者である篠原 菊紀教授の監修の元、脳科学に基づいた育脳カリキュラムを作成し、育脳教育に力を入れております。
人間には、脳の臨界期(感受性期)と呼ばれる時期があり、自分が置かれた環境に応じて、記憶したり感じたりする神経回路が集中的に形成される、最も感性豊かな時期のことを指します。
代表的な能力の臨界期は言語(0歳~9歳)・運動能力(0歳~4歳)・数学的能力(1歳~4歳)と言われており、これらの能力の臨界期は一生のうちで1度きりで、逃すと身に付かないわけではありませんが、臨界期を過ぎると学習をするのに大変苦労をしたり、臨界期に学んだようには取得できないこともあります。
このため、保護者や保育者など子どもに接する大人が、乳児期の成長の道筋を正しく理解し、それに即した養護と適期教育を同時に行うことが非常に重要だと考えています。

育脳教育というと、早期に英語が話せるとか、計算ができるといったような早期教育をイメージされる方がいらっしゃるかもしれませんが、育脳の真の目的は、そのような認知能力を伸ばすことではなく、自信、自己肯定感、自制心、社会性、共感力、想像力、柔軟性、想像力などいった「非認知能力」を身に付け、「生涯にわたって学んでいくための基礎力」をつくることです。
当園の育脳教育では、子どもの「集中力・直観力・記憶力・想像力」の4つの力の基礎を身につけることを目的としており、心身を育ててこそ脳が育つ!をコンセプトとし、以下の4つの活動を通して子どもたちの脳の働きかけを行っています。

①1日10冊以上の絵本の読み聞かせ

本を読むことはもちろん、読み聞かせを行うことは、思考力、想像力、集中力、記憶力、他人への共感力などさまざまな効果を育み、子どもの成長に大きな効果があると言われています。
社会性やコミュニケーション能力が高まることから、心の発達やことばの発達を促進することはもちろん、ストレスを軽減するなどいいことずくめなのです。
当園では1日10冊以上の絵本の読み聞かせを行うことで、「基礎学力の構築」と「知的好奇心の熟成」「集中力を持続できる力の鍛錬」を養っております。
読み聞かせは毎日継続して行っておりますので、年間約2,400冊のもの絵本を読み聞かせすることになります。

②英語

0~2歳の間はあくまでも英語の音に親しむことを目的としています。この年齢は「聞く」力が優れているため、大人の何倍もの周波数を聞き分けることができ、耳で聞いたことを脳にインプットする力に優れている時期です。
初めての英語に興味をもち、知的好奇心を刺激しながらワーキングメモリを鍛え、リズム遊びや読み聞かせを通して英語に触れますので、音楽を聴くような感覚で自然に学ぶことを大切にしています。

③リトミック

リトミックでは、歌や音楽に親しみ、音にあわせて「動物のまねっこ」や、「とぶ」「はねる」などの全身運動をリズムにあわせて行います。
リズム感が身につくのはもちろんのこと、聴く力や集中力、想像力、表現力などを育てる様々な効果があるとされています。
また、リトミックを通じて楽しく歌や音楽に親しんでいるうちに、スポーツにおいて必要な基礎的な運動能力も育むことができます。

④体操

様々な体操やボール遊びなどを通じて、先を読む力や、リズム感覚、バランス感覚などを養います。様々な複雑な動きを組み合わせることで、脳に沢山の刺激を与えて「身体」「頭」「心」をバランスよく育てることを目的としています。
また、最初は上手くできなかったことも、回数を重ねることでできるようになっていき、そのような成功体験の積み重ねが「自己肯定感」を育み、次にまた新たなことをやってみようとする、チャレンジ精神や目標を達成するためにやり抜く力も育まれます。

お伝えしたいことは様々ございますが、当園の保育に対する想いと保育内容についてご理解、ご賛同いただけましたら幸いです。
年々乳児保育のニーズが高まり、成長に大切な時期だと分かっていてもお子さまとどう接していいか分からないと悩む保護者さまが増えております。
そのような保護者さまの悩みに寄り添いながら、保護者さまと一緒に素晴らしい保育園を作り上げていけるよう、日々邁進して参りたいと考えております。
当園にて、お子さま、保護者さま共に充実した2年間を過ごしていただき、サンライズキッズ保育園に通って良かったと言っていただけたならば、私共にとってこれ以上の喜びはございません。

サンライズキッズ保育園
代表取締役・保育士
保育士登録番号:神奈川県-094494
佐伯 猛

ごあいさつ