豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック|小規模認可保育園 甲賀市水口町【サンライズキッズ保育園 水口園】【公式】

みなくちえん
水口園
滋賀県甲賀市水口町東名坂288-1
050-5807-2381 050-5807-2381(平日10:00-17:00)
採用応募
お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 水口園のカリキュラム

豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック

リトミックは0歳の赤ちゃんからできる音楽教育法。楽しく受けることができて、体にも心にも様々な効果をもたらしてくれます。
そんなリトミックを、おうちでもぜひパパやママが一緒になって親子で楽しみましょう。

目次

リトミックとは

リトミックは、音楽のリズムに合わせて体を動かし表現・イメージする「音楽教育」ですが、「人間教育」の面もあります。全身を使って表現したり、仲間とコミュニケーションをとりながら音楽を体感したりするため、時には上手にできないことも。
そんな時に、自分の力でどうすればできるようになるかを考え解決するという経験が、子どもを人間的にも成長させるのです。

乳幼児のうちからリトミックを始めるメリット

▼音楽能力の基礎を作れる

リトミックで音楽との楽しくふれあうことで、音楽能力の基礎を育てることができます。
音楽能力の基礎とは、リズム感覚や聴覚のこと。体と脳が大きく発達する乳幼児期に、リズム感や聴覚を研ぎ澄ます経験を十分にすると基礎力が固まり、将来音楽の学びを深めるのに役立つでしょう。

▼基礎体力がつく

リトミックは全身を使って行うため、子どもに必要な基礎体力をつけることができます。

▼コミュニケーション能力や協調性が養われる

2歳児くらいになると、友だちと一緒にリトミックを楽しめるようになります。友だちと一緒に音楽に合わせて体を動かすことで、イメージを表現する楽しさや喜びを共有できるので、自然にコミュニケーション能力や協調性が育まれるでしょう。

▼集中力が身に付く

音楽のイメージを自分の中で考え表現することで「内的集中力」が、音楽を集中して聞くことで「外的集中力」が鍛えられます。

▼楽器を知る

様々な楽器を用いることも多くあるため、これらの楽器に触れて音の違いや鳴らし方の違いを経験できるのもリトミックのメリットです。それぞれの楽器に興味・関心を持ち、自分で音を出すことや楽器を演奏することの楽しさを味わうことができます。

リトミックはなぜ赤ちゃんのころから始めると良いのか

リトミックの初歩は、リズムを感じたり様々な音や音色を知ったりことから。そのため、赤ちゃんのうちから始めることができます。やがて、聴いた音をイメージして体や楽器を使って自由に表現するようになると、いっそう想像力や表現力が育まれ、表情豊かな子になるでしょう。
その後もリトミックを長期的で継続することで、より高い効果が得られます。

◆年齢別のリトミックの内容について

リトミックは0歳からスタートできますが、子どもの成長発達によってできることが違ったり伸ばしたい能力が違ったりするので、年齢や月齢に合ったリトミックを受けさせましょう。

●0歳児:親子でスキンシップ

0歳児のリトミックは、スキンシップが主になります。音楽に合わせて大人が赤ちゃんの体を触ったり、リズムよく撫でてみたり。赤ちゃんを抱っこしたり膝に乗せたりした状態で、大人が体を揺らしたりリズムをとったりするのも定番です。

●1歳児:音楽に合わせて体や楽器を使おう

1歳ころからは、大人と一緒に手遊びや体を使った遊びをしてリズムを体感します。また、叩くことにも興味が出てくるので打楽器を使ったリトミックもおススメです。

●2歳児:友だちと一緒に音を聞いて体を動かそう

2歳くらいになると、友だちとも一緒にリトミックを楽しめるようになるでしょう。また、音楽が鳴っている間は体を動かして音楽が止まったら動きも止める、という「即時反応」もできるようになります。

甲賀市でリトミック

甲賀市内の音楽教室やピアノ教室でもリトミックの授業が行われています。また、ピアノ教室の先生が子育て支援センターや保育園などに出向いて、リトミックを指導してくれるイベントもあるようです。

▼甲賀市水口子育て支援センター

開館時間:毎週月曜日~土曜日の午前9時~午後5時
※リズム遊びや体を動かすリトミックイベントがあります。

https://www.city.koka.lg.jp/8174.htm

手軽にリトミック

広い場所や楽器がなくてもできるリトミックはたくさんあります。紙コップや空き箱、ペットボトルなどから楽器を作るのもおススメです。

▼指遊び~はちべえさんとじゅうべえさん~

まずは右手と左手の人差し指で、「はちべえさんとじゅうべえさん」の指遊びをやってみましょう。できるようになったら次は応用編です。
①速さを変えて②指の数を増やして③親子で向かい合わせになってそれぞれが片手を出して親子一緒に④声を出さないで、という4種類それぞれに挑戦してみましょう。

▼紙コップマラカス

紙コップ2つと中に入れる素材(米や石、豆など)を準備したら、まずは1つの紙コップの中に好きな素材を入れます。次にもう一方の紙コップの口と重なるように紙コップ同士を重ねて、中身が出ないようにセロハンテープで止めれば、マラカスの完成です。
違う素材を入れたものをいくつか作れば、音の違いを聞き分ける中身当てゲームも楽しめます。中身がわからなくならないようにコップの底に、何を入れたか書いておくといいでしょう。紙コップに色を付けたり、絵をかいても可愛いですね。

▼紙コップギロ

紙コップと曲がるストローを1つずつ用意してください。紙コップの底を上にして、ペンなどで底の中心に穴をあけましょう。そしてその穴にストローを入れます。
曲がるストローの曲がる部分が、穴のところまでくるように調整したらギロの完成。押したり引いたりして音色を楽しんでください。

リトミックの魅力をおわかりいただけたでしょうか。近年、リトミックは多くの保育園や幼稚園で積極的に取り入れられています。
リトミックで、子どもたちの体と心の成長をサポートしましょう。サンライズキッズ保育園水口園でも、月ごとに課題を変えてみんなで楽しんでいます。
ご家庭でのリトミックのやり方など、何かわからないことがあれば保育士にお声がけください。