ことばや集中力が身につく 絵本の読み聞かせ|小規模認可保育園 甲賀市水口町【サンライズキッズ保育園 水口園】【公式】

みなくちえん
水口園
滋賀県甲賀市水口町東名坂288-1
050-5807-2381 050-5807-2381(平日10:00-17:00)
採用応募
お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 水口園のカリキュラム

ことばや集中力が身につく 絵本の読み聞かせ

乳幼児や小学生から大人まで、様々な年代の人々に愛されている絵本。絵本を読むことで心が温かくなったりほっこりした気持ちになったりすることがありますよね。
そんな人々を癒してくれる絵本は、子どもに読み聞かせることでさらに良い影響をもたらします。

目次

絵本の読み聞かせによる効果5つ

1.コミュニケーションツールになる

ただ文章を読むだけではなく、子どもの反応を見たり読んだ後に感想を言い合ったりなど、読み聞かせによって親子でコミュニケーションを取ることができます。
子どもたちは絵本そのものはもちろんですが、読み聞かせの最中のパパやママとの会話も楽しんでいるのです。

2.言葉の発達が促される

子どもたちは絵本に出てくるたくさんの言葉に触れることができます。絵本をきかっけにオノマトペや簡単な単語、挨拶や日常会話など、様々な言葉を覚えることができるでしょう。
乳幼児は耳にした言葉をどんどん吸収し、そのうちに自然とそれを発するようになります。絵本を耳にする言葉の数が多くなるため、読み聞かせは言葉の発達を促すための非常に適した方法です。

3.感受性が養われる

たくさんの色で描かれたものや温かみのある色彩で描かれたものなど、絵本の挿絵にも様々なタイプがあります。これらを見て美しさを感じたり優しい気持ちになったりすることで、子どもの感受性は豊かに育つでしょう。
感受性豊かな子は、他人の気持ちに共感することができます。つまり、絵本で養われた感受性が良好な人間関係を作ることにもつながるのです。

4.精神が安定する

絵本にはリラックス効果や癒し効果があり、子どもの心を安定させてくれます。加えて、パパやママ、保育士の先生など信頼できる大人が読み聞かせすることで、子どもはその声に安心感をおぼえるので、精神を安定した状態に保つことができるのです。

5.豊かな人格が形成される

絵本の中のいろんな個性を持った登場人物を通して、人それぞれ違う考え方や感じ方をするということに気付くことができます。するとこの先自分と違った考えを持った人に出会っても、その相手の考えを否定せず尊重することができるようになるでしょう。
また、子どもたちは「次のページには何が出てくるのだろう」とワクワクしながら聞いているので、イメージを膨らませる発想力が育ちます。
このように、相手の考えを知ったり先のことをイメージしたりすることで、豊かな人格が形成されていくでしょう。

0・1・2歳児向け絵本選びのポイント

●0歳児向け:オノマトペが使われているもの

まだ言葉の意味がよくわからない0歳児も、音やリズムから少しずつ言葉を覚えていきます。この時期の赤ちゃんには、オノマトペ(擬音語や擬態語など)が使われている絵本を選ぶのがおススメです。様々な擬音語や擬態語に触れて、言葉の楽しさを知っていくことができるでしょう。

●1歳児向け:言葉のリズムが楽しいもの

少しずつおしゃべりを始める1歳の子には、シンプルな言葉が並んでいたり同じような言葉が繰り返されていたりなど、言葉のリズムが強調された絵本がぴったり。楽しみながらたくさんの言葉を覚えることができます。

●2歳児向け:簡単な物語を楽しめるもの

2歳ころになるとだんだんとお話の内容を理解して絵本を楽しむことができるようになってきます。そのため、簡単なストーリーを楽しむことができる絵本を選ぶと良いでしょう。短いお話から始めて、少しずつ長めの物語にも挑戦。これまでとは違った絵本の楽しみ方をすることができるでしょう。

0・1・2歳児向け年齢別おススメ絵本

●0歳児向け

ごぶごぶごぼごぼ

「ぷーん」「ごぶごぶぼごぼご」など、オノマトペを楽しむことができる絵本です。形や色で言葉の音の楽しさを伝えてくれています。

ぶーぶーぶー

自動車が主役の絵本。自動車の色によって「プープー」「パッパッ」など音の違いを楽しむことができるので、赤ちゃんが夢中になります。

●1歳児向け

てんてんてん

「てんてんてん」「ぐるぐるぐる」などリズミカルな言葉が並ぶので、それを心地良く楽しむことができる絵本です。

ぽんちんぱん

パンをテーマにした作品です。「ぽんちんぱん」というリズミカルな表現とともに描かれている美味しそうなパンに、子どもたちも目が離せなくなるでしょう。

●2歳児向け

いやだいやだの絵本

「イヤイヤ期」と呼ばれるこの時期にぴったり。子どもが絵本の内容に自分を重ね合わせながら聞くことができるでしょう。

よくきたね

「おいでおいで」や「いいこだね」などのあたたかい言葉で親子の愛情が描かれています。パパやママがやさしい声で読んであげてください。

ご家庭で絵本を読み聞かせる時のポイント

おうちで読み聞かせをしてあげている最中に、絵本の内容に対して疑問に思ったことや感じたことをお子さんが言ってくることがあるでしょう。そんなとき、お子さんから出た素直な反応は否定せずに受け止めてあげてください。
子どもたちはパパやママに受け止めてもらうことで、自分の考えや感じたことを否定しなくなるので、発想力や想像力をより豊かにしていくことができるのです。

たくさんの絵本に触れられる滋賀県内・甲賀市内の施設

●滋賀県立図書館

●甲賀市立図書館

  • ・中央図書館(一宮市)
  • ・水口図書館(水口町)
  • ・土山図書館(土山町)
  • ・甲賀図書情報館(甲賀町)
  • ・甲南図書交流館(甲南町)
  • ・信楽図書館(信楽町)

サンライズキッズ保育園水口園では、あらゆるジャンルの絵本を取り入れながら、毎日10冊以上の読み聞かせを行っています。
順番に読み手となる保育士を変えたり、絵本の内容に合わせて体を動かしたりすることで、子どもたちに飽きずに聞いてもらえるよう様々な工夫を凝らす毎日です。
絵本の時間は子どもたちにとってはもちろん、我々保育士も楽しみにしているひととき。今後も、絵本の楽しさを伝えながら子どもたちにたくさんの絵本を読んであげたいと思います。