豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック|小規模認可保育園 安曇野市三郷温【サンライズキッズ保育園 安曇野園】【公式】

あずみのえん
安曇野園
長野県安曇野市三郷温3318-2
050-5807-2387 050-5807-2387(平日10:00-17:00)
採用応募
お問い合わせ
サンライズキッズ保育園 安曇野園のカリキュラム

豊かな感性や表現力を伸ばす リトミック

リトミックとは、音楽を取り入れた教育活動のことで、様々な音楽に合わせて体を動かしたり、楽器を使ってリズムをとったりすることが、主な内容となっています。
昔のお遊戯や創作ダンスに少し似ていますが、ちょっと違ったアプローチをしているのが特徴。乳幼児期の活動として、ほとんどの保育園や幼稚園、子育てサークルなどで普及しています。
ここではそんなリトミックのメリットについてご紹介していきましょう。

目次

リトミックから得られる効果

リトミックを継続的に行うとどんな効果があるのでしょうか。

1.音楽の感性が育つ

リトミックを行うことは、様々なリズムや音に触れる機会が多くなるということ。これにより、音感やリズム感が身に付いていきます。
またたくさんの音楽に触れると、高音や低音、音程、音の強弱を感じることができ、音楽の感性を養うことにもつながるでしょう。
このように、リトミックを通して音楽全般における感性が磨かれ、培われていくのです。

2.リズム感と基礎的な身体能力が高まる

リトミックは身体全体を動かして取り組むので、身体能力の高まりが期待できます。また手遊びとリトミックを掛け合わせる活動もあり、手指の発達を促すこともできます。
リトミックでは頭から手足の先まで全身を使って身体を動かすため、運動能力が発達しますし、同時に手指を使う練習もできるのです。

3.聴く力が育まれ、集中力が身に付く

リトミックは耳で音楽をしっかりと聴くことから始まります。そのため集中力が備わっていきます。
また、自分の五感を研ぎ澄まして集中することで、「内的集中力」が養われますし、自分の外にある音楽や友達の動き、順序物事などに注意を向けることで、「外的集中力」を身に付けるのにも役立ちます。

4.協調性や社会性が育まれる

リトミックでは同年代の友だち数人で一緒に取り組むことが多く、同じ音やリズム、動きを共有しながら取り組むことが多いです。そのため、みんなで一緒に活動することの喜びや、共同作業を成し遂げることによる達成感が得られるでしょう。
また、友達の動きを見ることで、他者と自分との違いも理解できるようになってきます。これは、相手を思いやったり、相手の立場に立って物事を考えたりする思考の基礎となり、これにより協調性や社会性も身に付いていくのです。

5.「即時反応力」が高まる

リトミックは音楽に合わせて体をうごかすため、音楽が始まったら動く、音楽が止まったら止まる、という動作が多くあります。この動作を繰り返すことで、耳で聞いたことを瞬時に体で表現する「即時反応力」という力を身につけることができます。この即時反応力が身に付けば、瞬発力の向上にも繋がるでしょう。

乳幼児期からリトミックに取り組むことで得られる効果

乳幼児期からリトミック始めると様々なメリットがあります。

1.表現する楽しさが味わえる

乳幼児期から表現する楽しさを体験していくと、音楽を通して養われる表現力が更に豊かになります。
音楽やリズムを聴き、自分なりにイメージを膨らませて体全体を動かすことや、自分で楽器を操って音を鳴らしたりすることで、さらに表現する楽しさを味わうことができるでしょう。

2.音やリズムを身近に感じる

乳児期からリトミックを行っていれば、いつも周りには音楽があり、音楽に触れて過ごすことが日常的となります。このような環境で生活していくと、音楽に親近感を持つようになります。
幼少期から音やリズムに親しみを持っていれば、学校に上がってから音楽の授業がより楽しめるようになるかもしれませんし、さらに音楽的感性を磨くことにもつながるでしょう。

年齢別で見た成長とリトミックの関わり

0歳児にとって体を触れ合うことは大切なスキンシップ。心身の発達に欠かせません。五感の中で最初に発達するのは触覚と言われているので、手、足、体全体を遊びながらやさしく刺激してあげましょう。
また、体幹の平衡感覚が育ち、お座りができるようになると、視野も広がり、目の前に広がるものに興味が出てくるので、たくさん言葉がけをしながら行ってみてください。

●1歳児

様々な動きができるようになる時期。しかし、ある日突然できたということはなく、子ども自身が繰り返しながら学習し、徐々に身に付けていきます。
冒険心が芽生えたり、安心感を得たりと、子どもの心を育てる大切な時期なので、人と関わる楽しさや人との関わるのは幸せなことだと感じられるようにしていきましょう。豊かな感性を育む経験を積むことは、人格の形成においてとても重要なことです。

●2歳児

様々なことを吸収していき、同時に自立心が育つ時です。やってはいけないことやルールなど、少しずつ覚えていく時期。子どもは、周りの大人に見守られていると安心感を得ると、感情をコントロールしやすくなるとされています。
やってはいけないことを少しずつ理解しながらルールを守ることに興味を持てるようにして、心の成長を見守っていきましょう。

おうちで取り組むリトミック

おうちでも簡単にリトミックに取り組めます。

1.むすんでひらいて

むすんでひらいての音楽に合わせて身体を動かいしていきます。歌の最後に動物や乗り物に変身することで、表現力を付けていきましょう。両手を上にもってくると、うさぎやきらきら星、前に持ってくるとゾウや運転手さんになります。
変身するものに合わせて、ゆっくり歌ったり、声を大きくしたりして楽しんでみましょう。

2.幸せなら手をたたこう

歌に合わせて、手たたいたり、足を鳴らしたり、肩をたたいたりする動きが出てきます。一人でできるようになったら、親子で一緒に肩を叩いてみたり、お互いの手を合わせて拍手してみたりして、オリジナルの歌詞を加えてみましょう。
また、子どもに「次はどこを叩いて音を出してみようか?」とアイデアを聞いてもいいですね。

手作り楽器でリトミック

手作り楽器は、頑張って作って出来上がった時の達成感が味わえますし、自分で作ったものでリトミックを楽しめる喜びも感じられます。

ここでは牛乳パックとペットボトルを使ったカスタネットの作り方を説明します。
牛乳パック1個とペットボトルのふたを2個用意してください。まずは、牛乳パックを平面に切り、更に底と上部は切り離します。切ったものを今度は4等分にします。4等分の1つを半分に折りましょう。折ったら、両端にペットボトルのキャップを付け、手にくくれるように輪ゴムを通したらカスタネットの出来上がり。
カスタネットはリズム遊びに最適。親子で行うときは、同じカスタネットをもう一つ作り、大人がやったリズムを、子どもが真似してリズムを楽しんでみましょう。

安曇野市で開催されている活動やイベント情報

安曇野市の児童館では、各児童館で定期的にイベントや企画をおこなっています。広報誌の「広報あずみの」やホームページも参考にしてください。
https://www.city.azumino.nagano.jp/site/kohoshi/89315.html

  • ・豊科中央児童館
  • ・高家児童館
  • ・南穂高児童館
  • ・穂高中央児童館
  • ・穂高西部児童館
  • ・穂高北部児童館
  • ・三郷児童館
  • ・堀金児童館
  • ・明科児童館

リトミックは、さまざまな音楽に触れながら全身を使って動いたり、歌や踊りを取り入れたり、楽器を鳴らしたりと、工夫次第でいろいろな活動に発展できます。音楽を全身で感じることで、心身の成長・発達も促されるでしょう。
サンライズキッズ安曇野園では、リトミックを通して、音楽の楽しさを味わいながら、音楽的感性を養い、子どもたちの可能性を引き出せるような取り組みを心がけています。ぜひお家でも普段の遊びにリトミックを取り入れてみてください。