絵本読み聞かせプログラム|小規模認可保育園【サンライズキッズ保育園 厚木園】

あつぎえん
厚木園
神奈川県厚木市関口418-2 フィガロハウス1階
小田急線 本厚木駅 バス15分 依知小前 徒歩8分

050-5807-2304 050-5807-2304
(平日10:00-17:00 )

採用応募
お問い合わせ

2021年度
サンライズキッズ保育園 厚木園
絵本読み聞かせプログラム

サンライズキッズ保育園 厚木園 絵本読み聞かせプログラムについて

絵本読み聞かせ

識字能力や読解力といったものは、学ぶにふさわしい時期に突然できるようになるものではありません。

視覚・言語・認知

この3つが脳内で連動して結びつくシステムができていることが、文字を学ぶ時期の前段階の準備として必要になります。

その準備に必要なものが絵本の読み聞かせです。
しかし、文字を認識できるようになるのは5歳以上とされているため、識字能力のない年齢の子どもに絵本を読み聞かせてもあまり効果がないのでは?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

0~2歳の子どもは、保護者や保育士が絵本を読み聞かせをすることで、耳と目からその情報を得ています。
文字の形や絵、好きな人の声から2つを結び付けて、今見ているものが何なのかを認識しているのです。

絵本の読み聞かせには、子どもの成長にとって計り知れない効果があると言われています。
本を読む力はもちろん、思考力や想像力、記憶力、集中力、他人への共感力など、学力の土台になったり、心の成長がみられるようになるのです。

1日10冊以上の読み聞かせを行います!

サンライズキッズ保育園 厚木園では、次の3つを目的として1日10冊以上の絵本の読み聞かせを行っています。

基礎学力の構築・知的好奇心の熟成・集中力を持続できる力の鍛錬 基礎学力の構築・知的好奇心の熟成・集中力を持続できる力の鍛錬

基礎学力の構築と知的好奇心を刺激することは1冊の絵本からでもできるでしょう。
しかし、1日3冊程度の読み聞かせでは、集中力を持続する力を養うのは難しいものです。
絵本から得られるものは多々あります。読み聞かせをする絵本の数を増やす、同じ作業を繰り返す、これが集中力を持続する鍛錬につながるのです。

●これを毎日継続する事で…

1日10冊×週5日×約4週間×12ヵ月=年間約2,400冊 1日10冊×週5日×約4週間×12ヵ月=年間約2,400冊

読み聞かせの効果を最大限に高めるために実践していること

①保育士全員が読み聞かせを行う

毎日の保育時間の中で10冊以上読み聞かせを行うので、子どもたちの興味や集中力が欠けてしまう可能性も高いでしょう。
読み手である保育士が変ることで、声のトーンや読み方などにバリエーションが生まれ、子どもたちの興味を引き、集中力の向上につながります。
また、絵本の読み聞かせを毎日同じ先生にしてしまうと先生の負担になるため、保育士全員で取り組んでいます。

②午睡時間前の読み聞かせを必ず行う

午睡前の時間で読み聞かせを行っている園は少なくありません。
当園でも午睡前の読み聞かせは特に力を入れて行っております。
子ども教育専門家の松永暢史さん曰く、読み聞かせの時間で1番良いのは《寝る前》。
脳は睡眠中に記憶を知識として定着させる為、学習効果が高いからだそうです。

③日本の文化や四季のイベントなどを盛り込んだバリエーション豊かな絵本

サンライズキッズ保育園では日本の文化や四季のイベントにちなんだ絵本をたくさん取り入れて読み聞かせを行っています。
絵本を通じて自然に日本の文化や行事を学び、制作や活動で実際に保育園で体験することで「五感=視・聴・嗅・味・触」を刺激し、子どもたちの豊かな感性を磨いています。

読み聞かせの絵本例

七夕会
  • きつねのたなばたさま(世界文化社)
  • たなばたこびとのおはなし(童心社)
  • みんなのおねがい(ほるぷ出版)
十五夜会
  • おやすみなさいおつきさま(評論社)
  • まんまるおつきさん(偕成社)
  • だんごたべたいおつきさま(ほるぷ出版)
ハロウィン
  • ハロウィンのかくれんぼ(ポプラ社)
  • ハッピーハロウィン(講談社)
  • ペネロペのたのしいハロウィン(岩崎書店)
節分
  • ちいちゃんとまめまき(ほるぷ出版)
  • まめまきできるかな(ほるぷ出版)
  • おにのパンツ(フレーベル館)
ひな祭り
  • もりのひなまつり(福音館書店)
  • おひなさまのいえ(世界文化社)
  • みんあでおひなさま(教育画劇)
  • ひなまつりこびとのおはなし(童心社)
神奈川が舞台の絵本
  • きんたろう(小学館)
  • なきむしようちえん(童心社)
  • 炭やきじいさん(冨山房インターナショナル)