サンライズ流 育脳の豆知識|小規模認可保育園【サンライズキッズ保育園 谷津園】

やつえん
谷津園
千葉県習志野市谷津6-15-1
   グラシア津田沼Ⅱ
JR総武線 津田沼駅 徒歩14分

050-5807-2280 050-5807-2280
(平日10:00-17:00 )

採用応募
お問い合せ

サンライズ流 育脳の豆知識

サンライズ流 育脳の豆知識

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 NEXT >

2019-09-13集中力のピーク

何事においてもピークというのは存在します。

特に集中力というのは持続させるのも大変なのでピークを見極めておくことも重要です。

集中に大切なのは、自分の「集中リズム」を理解することです。

そのリズムにあった行動を心がけると必然的にピークも理解できることになります。

このような「自分ルール」をしっかりと理解できることがキーポイントなのかもしれません。

2019-09-11色の効果

色の効果で集中力を高めるといった方法もあります。

それは、「色」に条件付けをして集中アイテムにする方法です。

例えば黄色い鉛筆を見て「これを見たら集中力が高まる」と決めつけてしまうのです。

黄色というのは網膜上で焦点を合わせやすくもともと集中力を高めやすい色なのです。

なので黄色というポイントを意識して集中力に関連づけていくと良いかもしれないです。

2019-08-31イヤイヤ回路・好き好き回路?

前回の続きです。

なので、偏桃体が根っこを決めて、前頭葉が最終決定するといった流れになっています。

なので、何かを好きと感じるときは、その物に関連する物などを無意識ん手に取っているなど、無意識の行動に「好き」が張り付けられていきます。

そういった行動を繰り返していくことでよりそのものを好きになっていくというわけです。

これを好き好き回路と言います。

何かを進めていく時にもこの好きという感情は大切になってくると思うので「好き」の流れを知っておくことも大切なのかもしれないですね。

2019-08-30イヤイヤ回路・好き好き回路?

好きと嫌い。この感情は皆さん持っていると思うのですが、この感情の判断をしているのはいったいどこなのでしょうか。

感情の判断をするのは記憶をつかさどる海馬の入り口にある偏桃体です。

偏桃体は情動、感情に強くかかわってくる部分で、ここが「すき」「きらい」の根っこの部分になります。

そのうえで論理的な脳である前頭葉がその選択肢を吟味して意思決定が行われるのです。

2019-08-22意識上の仕切り

前回の続きです。

集中力が切れてきたら…「意識上の仕切り」を作ると集中しやすくなります。

何かに集中する際には個室など仕切られた空間に入りますよね。そうした環境が作れるのであればそうするのがベストです。

ただ、「その環境が作れない」といった場面の場合でも「意識上の仕切り」を作ることで少し変わることもあります。

または、手で視界を区切り、集中したいものをじっくり見るのも効果的です。

意識的に区切るなどして集中しやすい環境を作っていくことが大切です。

2019-08-20タッピング

「集中力が落ちてきたなー」と感じた時皆さんはどんな対策をしていますか。

世の中にはいろんな方法があると思いますが、その中のいくつかを紹介したいと思います。

【タッピング】

イライラして集中ができなかったり、物事が続かないときにお勧めです。

手のひらを太ももに置き、その手で太ももをリズム良くたたきます。

眼を閉じて深呼吸をしながらなんていうのもいいかもしれません。

この動作によって体から脳に刺激が伝わり、ノルアドレナリン系が活発化しやすくなります。

また、リズミックな運動はセロトニン神経系も活発化させるので集中力の補助動作になり、受動的な集中状態を作りやすくします。

次回に続きます。

2019-08-16集中のルーティン化

集中するときに何かをするというような方は多いのではないでしょうか。

そもそも人はいきなり何かを始めるのが苦手です。

特にやる気がないことを始めようとすると集中できないのは普通のことです。

そんな時には何かを行う前にこれをすると決めておいて、パターン化すると集中しやすくなります。

パターン化してくるとそれに慣れが生じ、その結果前頭葉が鎮静化して癒され「待てる」状態が作られます。

その状態で行動を起こすと脳内で興奮が生じ、「やる気回路」の中心となる線条体のスイッチが入ります。

なので、一連の流れをルーティン化していくことがやる気の維持などの決め手になります。

2019-08-14「眼球運動」ですぐ集中

何かをしているときついぼんやりしてしまうことありますよね。

そんな時に効果的なのが「眼球運動」です。

そもそも集中力というのは「眼球をいかに動かすか」ということで、極端に言うと目線をある一定に固定することです。

眼球を動かして前頭眼野を活性化させ、「見る」メカニズムを使って集中力を高める方法もあります。

1.何か四角いものの中央を見つめます。

2.頭を動かさないで四隅を1,2,3,4…8と2週左回りで眺めます。

3.次は同じように右回りで2周します。

4.終わったら深呼吸をします。

簡単ですよね。

もし何か集中できないことがあったときには是非やってみてください。

2019-08-09「まごわやさしい」

タイトルにもなっていますが「まごわやさしい」。これ何のことだと思いますか。

呪文のようですよね。

これは集中力を高めるといわれている食材の頭文字を並べたものです。

ま(豆類)

ご(ゴマ)

わ(わかめ、海藻類)

や(野菜)

さ(魚)

し(シイタケ、キノコ類)

い(イモ類)

朝食は集中のもとと言われています。

それに合わせて食事をとると「知情意」の「知」や「情」にかかわる部分の働きが活発になります。

頭の回転が良くなるだけではなく、いろいろな感情を抑えられて集中力が上がるといわれています。

あまり意識しすぎるのもよくないので、「そうなんだな」程度に知識として知っておいていただけたらと思います。

2019-08-07朝の15分

前回は集中力の決め手をお話しさせていただきました。

今回は、その集中できる時間帯のお話を指定規定と思います。

脳を目覚めさせて1日のやる気を起こすには、朝起きてから15分の行動が重要です。

よく小学校の夏休みの宿題も朝の涼しい時間に集中すると良いというのを聞きますよね。

具体的に何をするのかというと、とっても簡単です。

カーテンを開けて朝日を浴びるだけ。そうすることによって、脳の働きがとっても活発になるといわれています。

是非ご家庭でも試してみてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 NEXT >