サンライズ流 育脳の豆知識|小規模認可保育園【サンライズキッズ保育園 瀬田駅前園】

せたえきまええん
瀬田駅前園
滋賀県大津市大萱1-6-18
   Blezio9
JR東海道・山陽本線 瀬田駅 徒歩5分

050-5807-2308 050-5807-2308
(平日10:00-17:00 )

採用応募
お問い合わせ

サンライズ流 育脳の豆知識

サンライズ流 育脳の豆知識

< PREV 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 NEXT >

2020-08-25脳を休ませる

脳は刺激を与えるだけでなく、休ませることも必要なことが、最近の研究で明らかになってきました。

睡眠中に記憶が整理され定着することは広く知られていますが、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンは、幼児期から小学生の間は午後11時〜午前2時に最も分泌されます。

成長ホルモンは骨を伸ばしたり、筋肉を成長させたりするほか、脂肪の分解や臓器の代謝を促進します。

生活スタイルは家庭によって違いますが、子どもの脳のために、夜早く寝かせるようにできるといいですね。

 

2020-08-20家事で頭がよくなる!

前頭葉を活性化させるには、勉強や習い事よりも、責任を持って家事をする方が効果が期待できます。

冷蔵庫の中を見て献立を考えたり、お湯を沸かしている間に洗い物をしたりと、家事は同時処理能力や注意力、処理速度をアップさせてくれます。

子どもにできそうな家事の一部を担わせてみましょう。

最初は気になってついつい口出ししてしまいそうになりますが、手出し口出しはグッと我慢です。

次第に子ども自身が考え、より良い方法を見つけ出していきます。

その工程も、脳にとっていい刺激となるでしょう。

イヤイヤ勉強をさせるより、子どもに家事の役割を与えて生活を回していくことを覚えさせる方が、結果的に脳をよりよく育てられるでしょう。

2020-08-18リズム遊びで脳の活性化

「こころ脳」にあたる前頭葉は、認知、論理的思考、短期記憶、空間認知など、高度な役割を担っています。

前頭葉を活性化させるには、親子で会話を楽しんだり、自由に体や手足を動かして遊んだりすると効果的です。

文部科学省が実施した『リズム遊びで早起き元気脳』という調査によると、毎日リズム遊びをするだけで、脳が育ち、前頭葉の働きが活性化することがわかりました。

脳の活性化を促すために、ご家庭でもお子さまと一緒に手遊びや音楽に合わせて手足を動かす遊びをしてみてはいかがでしょうか。

 

2020-08-13本当の頭のよさ

親はつい学校の成績だけで頭の良し悪し判断しがちですが、我が子の脳が順調に育っているかを知る手がかりは、論理的思考にあります。

ある論文では、本当の頭のよさについて、

「前頭葉(こころ脳)をうまく使って、持っている知識を統合したり、何通りもの場合を考えたりして、漏れのない推論をつくりあげる論理的思考力」

と定義されています。

子どもに、自分で答えを見つけ出し、説明を求めるような論理的思考力を試す問題を出してみましょう。

親子でクイズを出し合うのも楽しい時間になりそうですね。我が子の意外な能力に気づけるかも・・。

2020-08-11こころ脳

○こころ脳

10〜18歳(とくに10〜14歳)の間につくられます。

相手の表情を読み取る、必要な時には我慢する、想像力を駆使して何かを作り出すなど、幸せや社会での成功をつかむためのコミュニケーション力や集中力、想像力、自制心などをつかさどります。

こころ脳は「からだ脳」と「おりこうさん脳」をつなぐ役割があり、3〜9歳頃に手足を動かしてのびのびと遊び、自分なりに考えた経験や知識を積み重ねることで、しっかりと育ちます。

2020-08-06おりこうさん脳

○おりこうさん脳

おりこうさん脳は“人間らしさの脳”であり、1〜18歳(とくに6〜14歳)の間につくられます。

勉強・スポーツ・芸術などに必要な言語機能や、手先を使った微細な動きなど、知能全般の発達を促します。

五感からの刺激のほか、手足を動かす遊びや親子の会話などの刺激を受けて育ちます。

子どもの好きな絵本や、遊びを観察して、子どもの興味を探ってみましょう。

興味のあることに積極的に取り組める環境をつくってあげることで、おりこうさん脳は成長していきます。

2020-08-04からだ脳

前回お話した脳を育てる順序について、詳しくお話します。

○からだ脳

0〜5歳の間に作られます。

食べる、寝る、起きる、呼吸をする、体を動かすなど、生きる為に必要な動作などをつかさどります。

「からだ脳」を育てるには、太陽の動きに合わせた起床・就寝・おいしい食事、ふれあいや声かけ、散歩など、五感からの刺激が何よりも大切です。

何か特別なことをするというよりも、人間としての基盤となる「生活」を大切にすることが必要、ということですね。

2020-07-30脳を育てる順序

脳を育てるには順序が大切です。

土台となる体ができていないのに勉強やスポーツを詰め込むとバランスを崩してしまうように、育てる順番は、必ず『からだ脳』からになります。

ある程度体の基礎ができてくると、運動機能を調整する『おりこうさん脳』がつくられ始めます。

そして10歳頃になると、『からだ脳』と『おりこうさん脳』をつなぐ『こころ脳』がつくられ始めます。

3〜9歳頃に手を動かしてのびのび遊び、自分なりに考えた経験や知識を積み重ねることで、『こころ脳』がしっかりと育ちます。

2020-07-28脳育て

子どもの脳が育つには、発達の順序がとても大切です。

まずは生きるために必要な機能をつかさどる部位が発達します。

その後、思考や運動などの機能を担う部位が発達し、最後にその二つをつなぐ部位が育つ順序が理想的です。

最初に育てるべき『からだ脳』は、“生きる為の脳”です。

乳幼児期から規則正しい生活習慣をして、五感への刺激を受けることで、自然に育ちます。

生活習慣を整えて、まずは『からだ脳』をしっかりつくりましょう。

2020-07-23効率よく覚える勉強法

学習したことを効率よく覚えるための勉強法をご紹介します。

○寝る前暗記法

朝に暗記を行うと、昼間の色々な経験に上書きされ、忘れやすくなります。寝る前に暗記をすると、睡眠中に覚えた内容が定着しやすいのです。

○スモールステップ法

いきなり難しい問題に挑戦するより、しっかりと基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていった方が、効率よく習得できます。面倒でも、手順を分けて少しずつ覚えるのが効果的です。

○感動的学習法

喜怒哀楽をフルに活用すれば記憶力はアップします。歴史上の人物に感情移入して年号を覚えると記憶として定着しやすくなりますよ。

< PREV 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 NEXT >