サンライズ流 育脳の豆知識|小規模認可保育園 名古屋市港区【サンライズキッズ 名古屋港園】【公式】

なごやみなとえん
名古屋港園/dt>
愛知県名古屋市港区浜2-2-2
名古屋市営地下鉄名港線 名古屋港駅より徒歩3分
050-5807-2204 (平日10:00-17:00 )
採用応募
お問い合わせ

サンライズ流 育脳の豆知識

サンライズ流 育脳の豆知識

2024-02-27男子の特徴

今日は男子の特徴についてお話しできたらと思います。

男の子は保護者の表情を読むのが苦手だといわれています。

それは男の子の脳は前頭葉の前頭眼窩野と言われるところが女の子とかなり違うことがわかっています。

この部分は「空気を読む」ことや「情動判断」等をつかさどっています。

なので表情を読んだりすることは得意ではないのです。

その代わり、右脳と左脳が独立して動くようにできている男の子の脳は、1部が特化して動くことで専門性が高いことを深く追及するこのは得意とされています。

得意な部分と苦手な部分、これを理解して向き合っていくとまた違った視点で物事を見る事ができるかもしれないですね。

2024-02-22脳の性差

よく聞かれる言葉として、男性から「女性はわからないな」だったり、女性から「男性の○○のところがわからない」などの言葉が聞かれますね。

これは大人の男女の間で起こる会話ですが、このすれ違いは父と娘、母と息子でも起こりうるすれ違いです。

男の子と女の子では脳の使われ方や働きが、広範囲にわたって異なるから起きるすれ違いなのです。

これを理解できているといざ、すれ違ってしまった時にも相手を見る視点が違ってくるかもしれないですね。

2024-02-20オールマイティー

お子さんに対して保護者が望むものはたくさんあると思います。

お子さんにどのようになってほしいか…。

難しい問題ですよね!

きっとどの保護者様も「世の中のため、人のために連なるようになってほしい」というのがベースなのではないでしょうか。

何を行う際にも「目的」をもって行うと良いかもしれません。

1つのことを長く続けていくにしても、いろんなことを続けるにしても「目的」や「目標」は大切ですよね!

そのためにも、オールマイティーな視点が必要なのかもしれません。

2024-02-15ミラーニューロン

お子さんがなかなか話を聞いてくれない。

そんな時ありますよね。

お子さんは親の言葉には耳を貸さなくとも、親の行動は無意識に真似してしまうそうです。

脳と脳が向き合った際にお互いの脳は、同じような活動をしたがるということがわかっています。

このような脳のメカニズムを「ミラーニューロン」や「ミラーシステム」と言います。

このミラーニューロンをうまく使えば、行動をスムーズにすることもできるかもしれないですね!

2024-02-13脳の特性

人間の脳には楽をしたがる特性があります。

毎日同じことをしているほうが楽な仕組みが備わっているのです。

これを脳の保持性と言います。

何かをしてほしい時には何かを目標にして進めていくと、脳の保持性によってスムーズにいくことが多いかもしれないですね。

2024-02-08ほめる力

前回は「ワクワク」や「ドキドキ」についてお話ししました。

今回もそのつながりの話になります。

お子さんが何かしているときに「ワクワク」や「ドキドキ」するのはどんな時でしょうか。

それはほめられた時です。

お子さんはほめられることによってドーパミン神経が活動をします。

それを繰り返していくことで、ほめられる前からドーパミン神経が活動をするようになります。

つまり、行動する前から「ワクワク」「ドキドキ」しているということですね!

それだけほめることは大きな力を秘めているのです。

2024-02-06線条体の大好物

線条体の大好物…それは何でしょう?

それは「わくわくすること」と「ドキドキすること」です。

線条体の腹側には側坐核(そくざかく)と言って、快感系のドーパミン神経がアクセスする場所があります。

ここでのドーパミン放出が「快」のバロメーターです。

ここを活性化させる「ワクワク」や「ドキドキ」した快感が、線条体を活性化させる重要なキーになります。

2024-02-01みんな持っている「ハマり回路」

皆さんも経験があるかと思うのですが、気が付くと1つのことを集中してい行っている経験などありますよね。

その状態のことを今回は「ハマる」という言い方をさせていただきます。

ハマっている状態というの脳の中ではどうなっている状態でしょうか。

線条体で「無意識的な行動」と「快感」が結びつき、ドーパミン神経系が活発に働いてハマっていく…というのは一連の流れになっています。

脳にはこんなメカニズムがあるからこそ「気が付いたらやっていた」や「知らぬ間に繰り返していた」という無意識の行動が起きやすくなるのです。

この特性はうまく付き合うことができれば、お子さんたちの可能性を無限大に引き出すことができるのではないのでしょうか。

2024-01-30怒られたとき

今回は前回の続きになります。

お子さんと過ごしている中で「なんでできないの」や「さぼっている」と感じてしまうこともあるかと思います。

そんなとき「なんでやらないの!」と怒りたくなってしまいますが、言われたお子さんはどう感じるのでしょう?

上記のような状態の時には、脳内でお子さんの「偏桃体」を刺激して「恐怖反応」「すくみ反応」「反撃反応」を引き起こすといわれています。

結果としてはこの反応が「線条体」の活動を邪魔し「やる気」を阻害してしまうのです。

やらないときにはそっとしておいたり、お子様に向ける視野を変えて声のかけ方を工夫するというのが、お子さんにとっての最善の形なのかもしれないですね。

2024-01-25ものの見方

お子さんと過ごしている中で、どうしても叱ってしまうことや注意してしまうことってありますよね。

どんなにほめるが基本と考えていても難しいものだと思います。

そんな時はお子さんを見る目を変えてみるのも一つのポイントです。

例えば…

「なまけ心」ととるか「なまけ者」ととるか。

「いばり虫」ととるか「いばりん坊」ととるか。

これは単なる言い方の差ではありません。

いずれの場合も後者には人格批判的なニュアンスが紛れ込みがちです。

一方前者には「なまけ心」「いばりん虫」が子どもの人格と独立しています。

前者の考え方をすることで、また違った視点でお子さんを見ることができるかもしれないですね。